waco

佐野真紀子

即興舞踊手 ・シンガーソングライター・詩の朗読パフォーマー
山口県下関に産まれ育つ
81年上京小劇団在籍の後、83年劇団「 レ・キャンズ 」に入団 2年在籍中、 渋谷ジャンジャン、新宿シアターtopsなどで公演。 その頃、自由な即興の身体表現のグループの稽古場に通うようになり、路上 パフォーマンスを開始。同時に大野一雄氏のスタジオに稽古に通う。
後の師匠となる古川杏と出会う。86年彼女の立ち上げた「 ダンスバター TOKIO 」に参加。
同年イタリア公演。
87年 「 レンタボディ 」西ベルリン長期公演。
88年 「 中国の探偵 」ドイツ3都市公演。
89年 「 リッツホテルよりも大きなダイアモンド 」PARCO劇場公演。
古川杏の渡欧により、ソロとなる。 91年下関に帰郷、山口、広島の即興演奏家とのセッションライブを数々展開する。
92年、ふじえだむりまる氏と出会う。後に、彼のグループ フィジカルポエッツの一員となる
98年 突然なんの脈略も無く、うたうたが降りてくる。同時にそれまで聴いた事も無い歌声もやって来る。 うたうたに背中を押され、歌ライブと言う新たな表現に足を踏み込む。
09年 宮崎へ移住
同年11月 全国的詩の朗読トーナメント「 詩のボクシング 」にて全国優勝
詩の朗読パフォーマンスをライブ展開開始。 ソロ活動は、即興舞踊、自作の歌のギター弾き語り、詩の朗読の waco,s バラエティーとしてライブ展開。
昨年より詩の朗読ヒップホップトラックバージョンで、ラップ語り開始。
自作のうたや詩は、すべてのいのちはひとつながりで離れがたく上も下もなく、そしてかけがえのない輝く 無限の光。これからの変化の時代に自由と自立の当たり前のこの世に向けてのメッセージと祈りである。

98年 マキシシングルCD「 うた 」
03年 マキシシングルCD「 道 」
06年 シングルCD「 生々流転 」
10年 シングルCD「百人目の愛 」
19年 シングルCD「最高MAXありがとうしあわせ 」 いずれも自主リリース

Time table↗