CPU

Nutek Records

Samy GuedicheのCPUプロジェクトは2002年に始まり、フランスのレーベル3D Visionからデビューし、一連の素晴らしいコンピレーションリリース、リミックス、そして2枚のスタジオアルバムを発表しました。
ファーストアルバム「Central Processing Unit」はサイトランスのサウンドを変え、Bliss, Painkiller, Azax Syndrom, Sirius Isnessなど、今日のトップアーティストに影響を与えることになった。
その後、CPUとPainkillerが共同で設立したレーベルNutek Recordsは、現在サイトランス市場の牽引役として、最も需要の高いアーティストの多くが所属している。10年にわたる世界的なツアーの後、Samyは東京に移り、Nutek Recordsの日本支社Nutek Japanとイベント組織Nutek Productionsを設立。この職業で得たすべての知識を使ってDJ Tsuyoshiと共同でIDPS(日本最大のDJスクール)を開設し、日本で一番大きいDJスクールとなった。

Samy Guediche’s CPU project began in 2002, debuting on french label 3D Vision with a series of peerless compilation releases, remixes, and 2 studio albums. The first album “Central Processing Unit” changed the sound of psy-trance and went on to influence many of today’s top artists, including Bliss, Painkiller, Azax Syndrom, Sirius Isness. Since then, CPU and Painkiller co-founded the label Nutek Records, now regarded as one of the driving forces of the psy-trance market and the home of many of the most demanded artists of the moment.After 10 years of touring around the world, Samy moved to Tokyo and opened Nutek Japan subdivision of Nutek Records, and an event organization called Nutek Productions. using all his knowledge in this profession Samy opened a DJ and Production school (IDPS) in collaboration with DJ Tsuyoshi, becoming the biggest DJ School in Japan.

 

Time table↗